HOME >> 看護人材開発部長のご挨拶 - 看護人材開発部

看護人材開発部長のご挨拶

>一般財団法人 大原綜合病院 看護人材開発部長・特任副院長 佐藤 エキ子
一般財団法人大原記念財団 看護人材開発部長
大原綜合病院 特任副院長
佐藤 エキ子

皆さま こんにちは。
看護人材開発部長の佐藤と申します。
早速ですが、看護人材開発部について紹介させていただきます。

日本は2025年に団塊の世代が後期高齢者となり、超高齢社会を迎えます。そこで今、国では従来の「病院完結型医療」から「地域完結型医療」へとシフトし、地域における効率的な医療と福祉の多元的なサービス提供体制の構築(地域包括ケア)を積極的に進めています。
すなわち、これからは病院での看護のみならず、福祉・介護などあらゆる場での看護・医療サービスの提供が必要になるとともに、多様なニーズに応えられる人材が求められてきます。大原記念財団では、このような状況を踏まえ、病院の事業目標の一つに「人材育成」を挙げています。

【大原記念財団看護部のキャリア開発支援】

前述のように、これからは地域が一丸となって、あらゆる対象者に医療サービスが提供できる体制の構築が求められています。そして今、そのための人材育成が急務となっています。  
大原記念財団看護部では、地域医療支援病院として訪問看護・介護施設等との連携を強化し、看護師のさらなる能力開発を目指したプログラムに取り組んでいます。また、県北地域を中心とした「看-看連携会議」を通して、施設間における平準化した医療の提供、かつ質の高い看護サービスの提供を目指した研修等を行っています。  
さらには、看護のプロフェッショナルとしてキャリアアップを目指したい看護師の長期研修に対しても、全面的に支援しています。例えば、臨床実習指導者研修・認定看護師教育課程・認定看護管理者コース(ファーストレベル・セカンドレベル・サードレベル)、医療安全管理者研修等への参加も積極的に推進しています。

福島県で最も「質の高い看護サービスの提供」を目指して、一緒に活動してみませんか?

( 2018年 4月 )