HOME >> 看護人材開発室の役割・活動 - 看護人材開発室

看護人材開発室の役割・活動

大原記念財団における「看護人材開発室」の役割・活動についてご紹介します。

1.
財団の理念・看護部の理念を踏まえ、教育理念・教育目標・キャリア開発プログラムを看護教育担当者と共に検討し、計画・実行します。
2.
看護スタッフのニーズと組織のニーズとの調和や統合を図ったうえで、専門職業人としての個々のキャリア開発を支援します。
3.
個々のキャリア開発過程において、必要時「キャリアカウンセリング」を実施したり「キャリア面談」を行います。
4.
大原記念財団内のリソースナース(人的資源)のさらなるキャリアアップへの支援や組織内および外部において、効率的かつ有効な活動ができるようにサポートします。
5.
地域医療支援病院として、前方支援・後方支援を強化し、地域住民への積極的な介入ができる看護師の育成に努めています。
また、看護師がリーダーシップを発揮し、主体的に医療チームメンバーとの協働を図ることの出来る「リーダー」の育成にも力を注いでいます。
【大原記念財団看護部のキャリア開発支援】

これからは地域が一丸となって、あらゆる対象者に医療サービスが提供できる体制の構築が求められています。そして今、そのための人材育成が急務となっています。  

大原記念財団看護部では、地域医療支援病院として訪問看護・介護施設等との連携を強化し、看護師のさらなる能力開発を目指したプログラムに取り組んでいます。
また、県北地域を中心とした「看-看連携会議」を通して、施設間における平準化した医療の提供、かつ質の高い看護サービスの提供を目指した研修等を行っています。  

さらには、看護のプロフェッショナルとしてキャリアアップを目指したい看護師の長期研修に対しても、全面的に支援しています。
例えば、臨床実習指導者研修・認定看護師教育課程・認定看護管理者コース(ファーストレベル・セカンドレベル・サードレベル)、医療安全管理者研修等への参加も積極的に推進しています。

福島県で最も「質の高い看護サービスの提供」を目指して、一緒に活動してみませんか?

(2020.01 更新)