学校の概要

HOME >> 概要・沿革 - 学校の概要

沿革・概要

本校は福島市北部郊外・北幹線沿いに位置しています。看護を志す者にふさわしい優しい色合いの4階建校舎です。
光あふれる校舎には、図書室、在宅看護実習室など専用の実習室が充実しており、基礎看護学をはじめとした各種看護学が修得できる設備を整えています。

看護実習施設は、グループ施設である大原綜合病院(福島市上町)、大原医療センター(福島市鎌田・本校隣接)、清水病院(福島市南沢又)の3医療機関です。大原綜合病院は福島市の中心に位置し、市民病院的な役割を果たす急性期病院、大原医療センターは回復期リハビリテーション病棟と地域包括病棟、訪問看護ステーション本部を有する回復期病院、清水病院は精神科・心療内科の病院であり、それぞれに特色ある実習を受けられます。

また本校は、福島県の県庁所在地にある点を生かし、福島県立医科大学、県北保健福祉事務所、老人介護保健施設などの協力も受けられ、学外施設での実習も充実しています。

  • 名 称大原看護専門学校
  • 住 所〒960-0102 福島県福島市鎌田字原際7番の3
    TEL.024-553-9964 FAX.024-553-9967
  • 学校長三島  博
  • 創 立明治35年(1902年)
  • 課 程看護専門課程(3年課程 全日制)

沿革

明治35年
大原病院院長 大原一が福島私立助産婦看護婦学校を設立
昭和25年3月
大原病院乙種看護婦養成所を設立
昭和28年3月
大原病院准看護婦養成所と改称
昭和48年4月
大原高等看護学院第1回生入学(定員20名)
昭和50年3月
大原病院准看護婦養成所廃止
昭和52年7月
学校教育法の改正に伴い「大原看護専門学校」と改称
昭和63年11月
現在地である福島市鎌田に校舎新築移転
平成元年4月
第17回生より定員1学年35名に増員
平成8年1月
専門士(医療専門課程)称号の付与認定校となる