HOME >> お知らせ一覧 >> 病と闘う子どもと家族のサポートハウス「パンダハウス」に、大原看祭バザーの売上金を寄付しました。

おしらせ

[寄付報告] 病と闘う子どもと家族のサポートハウス「パンダハウス」に、大原看祭バザーの売上金を寄付しました。

2018.11.26

11月14日(水)学生自治会では、9月22日に行った「大原看祭」のバザーでの売上金を「認定特定非営利活動法人パンダハウスを育てる会」に寄付しました。

自治会会長と副会長の3名が蓬莱町のパンダハウスを訪問し、パンダハウスの運営・維持に役立ててほしいと、売上金5万4千円を古溝陽子理事に手渡しました。
バザー商品をお買い求めいただいた皆様、本当にありがとうございました。

※ パンダハウスは、福島県立医科大学附属病院で治療を受ける子どもとその家族をサポートするホスピタル・ホスピタリティ・ハウスとして、1997年に全国で初めて建設されました。
パンダハウスホームページ http://pandahouse.org/