看護学校からのお知らせ

HOME >> お知らせ一覧 >> 令和2年度 第46回生卒業式を執り行いました。

おしらせ

[行事レポート] 令和2年度 第46回生卒業式を執り行いました。

2021.03.08


 令和3年3月5日(金)に令和2年度卒業式が挙行されました。46回生32名が3年間の全課程を終了し、それぞれの未来へと巣立っていきました。
今年の卒業式は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、マスク着用、常時換気をし、佐藤理事長と清野総看護部長ご列席のもと、規模を縮小して開催しました。

 女子は個性あふれる華やかな袴姿、男子は凛々しいスーツ姿で式に臨みました。在学生代表の送辞では、学校生活の様々な場面で支えてくださった3年生への感謝の気持ち、コロナ禍で不安がありながらも学内実習や日々の学習に取り組んでいた先輩方の姿に、憧れと尊敬の思いを抱いたことなどが述べられました。卒業生代表の答辞では、3年間の思い出と支えてくれた仲間や家族に心からの感謝が述べられました。

 式歌は、各学年で事前に収録したものを放映しました。3年生は“最後に実習衣姿”でと実習衣で「巣立ちの歌」を歌い、在校生は式に参加はできませんでしたが、川嶋あいさんの「旅立ちの日に」を歌い、思いを伝えました。

 4月からは看護師として就職、または助産師養成学校への進学とそれぞれの道へと進んでいきます。
“卒業は終わりじゃない 始まりです。
 自信をもって、未来へ進みましょう”
とエールを送りました。