HOME >> 研修医カンファランス - 初期臨床研修

研修医カンファランス

レジデントレクチャー1年次

各診療科の指導医が、研修医に必要なテーマ(主に救急時に役立つもの)を講義。講義では、教科書等の一般的な座学とはまったく異なる、臨床の現場で即実践できる具体的な内容を中心に行なわれます。

毎週木曜日 17:00~(約1時間)

 

レジデントレクチャー

レジデントカンファランス1年・2年次

電子カルテ等をもとに、研修医が1週間の日当直などで実際に診た患者さま情報の共有を行い、症例検討や具体的な処置、治療方針などを学び合う、研修医主体のカンファランスです。

毎週金曜日 朝(約30分)

救急症例検討会/ケーススタディー1年・2年次

発表者は日当直研修時に実際に経験した事例を取り上げ、病名を伏せながら主訴や検査数値、症状、画像などでプレゼンを行い、司会担当が参加チームの鑑別診断をナビゲートしていきます。
チームごとにどういう病態を考え、どのような疾患を鑑別にあげるべきかを段階的に検討しながら最終診断までたどり着く「ドクターG」方式の楽しい検討会です。年度後半からは1年次も担当します。

月1回(第4金曜日) 17:30~(約1時間半)

救急症例検討会/ケーススタディー<

CPC(臨床病理カンファランス)1年・2年次

患者さまとご遺族さまの篤志をいただき、実際の病巣を見て触れてのプレゼンテーションを行います。研修医が2名で担当し、臨床部門・病理部門(ミクロ・マクロ)それぞれの立場から病理診断・分析を行っていきます。
CPCは医師をはじめ看護師、コメディカル職員なども参加可能で、毎回活発な意見が飛び交っています。 また、医学生や他病院研修医(福島医大・日赤・わたり等)の見学も受け入れています。

隔月/1回 17:30~(約2時間)

CPC(臨床病理カンファランス)

院長研修1年・2年次

院長と研修医がカフェスタイルの和やかな雰囲気で、研修報告や1ヵ月間で最も印象に残った症例のプレゼンテーションや、質問などを行います。
医師として大先輩であり、現在も第一線で活躍し続ける院長から「医師としての生き方・心構え」も聞ける貴重な機会ともなっています。

月1回 土曜日 10:00~(約1時間半)

院長研修

英文抄読会1年・2年次

毎週1人の担当者が英文医学論文を提示し、それについて検討を行います。医学論文を理解する能力と、英語力の向上を目指します。

月2回 木曜日 18:00~

医局会 & 合同勉強会1年・2年次

医局員全員が参加し、看護部門・コメディカル部門・事務部門からの諸連絡が行われ、病院全体の動きを把握することができます。その後、持ち回りで各診療科の先輩医師による勉強会が行われます。1年次後半からは研修医自らも発表を行う機会が設けられます。

月1回 水曜日 17:00~(約1時間)

各診療科カンファランス1年・2年次

ローテ―ト中の各研修科において、症例検討会・抄読会等を実施しています。

週1~2回