HOME >> 理念・行動規範・理事長あいさつ - 財団について

理念・行動規範・理事長あいさつ

大原記念財団の理念

一般財団法人 大原記念財団 の理念   (平成24年(2012) 1月1日制定)
■ 人を愛し、病を究める ■
私たちは、すべての患者さまとご家族のために、
常に一歩先行く医療を探究し、優しさを持って
最善を尽くす医療を実践することにより、
地域から信頼される病院を目指します。
一般財団法人 大原記念財団 大原綜合病院  看護部の理念   (平成24年(2012)2月1日制定)
■ 笑顔につなげる優しい看護 ■
私たちは、人間愛にもとづき、看護職としての
知識・技術を高め、患者さまが笑顔になれるよう
ホスピタリティあふれる看護を行います。

行動規範  (平成24年(2012) 1月1日制定)

私たちは

  1. 1.医療安全を確立し、安心と信頼を獲得します
  2. 2.命の尊厳を深く理解し、患者さまの権利を尊重します
  3. 3.優しさを持ち、気づきの医療を実践します
  4. 4.人間性豊かな医療人となるよう、常に自己研鑽します
  5. 5.新しきことへ挑戦し、質の高い医療を創造します
  6. 6.医療人としての誇りを持ち、如何なる時も最善を尽くします
  7. 7.医療情報の共有と活用を促進し、得られた情報は厳格に管理します
  8. 8.地域社会に支えられていることを認識し、医療連携を推進します
  9. 9.相互に敬意を払い、連携を密にして組織的に行動します
  10. 10.未来への発展のために、健全経営を目指して努力します

理事長 あいさつ

大原綜合病院 理事長

新年おめでとうございます。令和3年が幕を開けました。
今、私たちは、新型コロナウイルス感染症の流行拡大により重大な局面に立たされています。医療崩壊の危機、そして病院経営の厳しさであります。
そのコロナ禍においても、無事に年を越すことができましたのは皆様のおかげと心から感謝申し上げます。

福島市では令和2年12月20日に新型コロナウイルス感染症の流行の拡大により緊急警報が発出されました。その後も感染拡大が収まらず、市内の3病院でもクラスターや院内感染などにより外来・救急診療がストップしてしまいました。福島市の医療供給体制、特に二次救急医療体制が極めて厳しい事態に陥りました。
大原が最後の砦となり、患者さまのご協力と職員たちの献身的な働きによりまして、一般医療や救急医療を守り抜くことができました。福島市全体がクラスター化している中で「よくぞ頑張ってくれた」と、おかげさまで各方面から賛辞をいただいております。

全国的には、4都県が緊急事態宣言を国に要請するなど逼迫(ひっぱく)した状態にあります。まずは感染拡大をなんとしても止めなければなりません。
私たちも医療従事者として自覚を持って、移動を控え、会食などでの三密を避けて毎日を過ごし、会議等もWebを活用するなど、公私にわたり防止対策に尽力しております。
これまでのクラスターからの教訓を一言で表すと「油断大敵」です。知らないうちに感染者が入り混んで、ウイルスをばら撒き、周囲の人に感染させてしまっています。病院クラスターは全てこのケースに当てはまります。しっかり患者さまや職員の状態を見極めなければ、コロナウイルスにやられてしまいます。PCR検査も100%信頼することはできません。詳細な移動・接触歴などの聴取、それに基づく厳格な対応、現在大原が行っている対応策の正しさが立証されたと考えております。これらの継続により必ずや乗り越えられると信じております。

本年は当財団にとっては“新生大原”となって10年の節目です。
この10年を振り返ると、本当に多事多難でありました。新生大原になった直後に1000年に1回という巨大地震の東日本大震災に見舞われ、安全神話が崩れ原発災害が発生しました。近年はこれまでに経験したことのない台風災害、そして今100年ぶりの感染症パンデミックと、荒波に飲みこまれ多くの困難に打ちのめされましたが、大原は再び立ち上がり、一致団結して新病院を建設し、地域医療の充実に貢献してまいりました。そして急性期・回復期・精神・在宅・健診部門と法人内医療連携ケアシステムを作り上げ、収益を改善し発展してきました。
しかし、今回のコロナ感染症は、かなり手強い相手です。上期においてこれほど病院経営がダメージを受けたことはありませんでした。下期に入り、おかげさまでだいぶ盛り返してきたとはいえ、かなり厳しい状況が続いております。このような中、私たちは財団理念「人を愛し、病を究める」原点を胸に頑張ってまいる所存です。

毎年のように予期せぬ出来事が発生する世の中ですが、これからは “withコロナ” でオンラインが一気に進みます。私たちも医療IC Tを活用して、新しい医療の在り方を模索し、患者サービスを向上させ、病病連携をオンラインでさらに便利にして、着実に一歩先を歩んでいきたいと考えております。

今年は、厳しかった年が明けて、大きな夢が芽生える年になるという辛丑の年です。コロナトンネルを抜け出すのはもうすぐ、それまでの辛抱と、希望を持って進んで行きたいと思います。最も怖いのは気の緩みです。気を引き締め、今年こそ良い年になるよう共に頑張ってまいりましょう。今年もよろしくお願いいたします。

 

2021(令和3)年 1月

一般財団法人 大原記念財団
理事長 佐藤 勝彦